AJCCの強み 〜選ばれる理由〜

経営上のメリット

私たちは、リースという仕組みによりお客様に端末機器をご提供し、リースのメリットを享受いただいております。

お客様にはリースのご利用によりさまざまなメリットを享受いただけます。
たとえば、下記のような経営上のご関心があれば、リースがお勧めです。

事務の合理化

購入の場合と異なり、リースであれば固定資産税の申告・納付、動産総合保険の付保手続等の事務手続が省略でき、管理事務の合理化を図ることができます。

資金調達の多様化と資金の効率的使用

リースの利用により、多額の購入資金調達の必要がなくなります。月々わずかなリース料だけで、必要とする機械設備等の使用が可能となり、資金の固定化を防ぐことができます。それにより生じた余裕資金を有効活用してさらに利益をあげることができます。

コストの平準化

所有権移転外ファイナンス・リース取引であれば、定額のリース料を経費処理できますので、導入初期の減価償却負担を平準化でき、コスト把握も容易になります。

借入枠の維持

リース利用により、設備資金を長期で調達した場合と同様の効果が生じ、しかも金融機関の借入枠を手つかずで残せるため、資金調達に余裕ができます。

陳腐化リスクの回避

技術革新の激しい機械設備等を導入された場合、法定耐用年数に達しないうちに経済寿命が尽きてしまう場合もあります。このようなリスクを避け経済的使用可能年数に見合った期間でリースすれば、つねに最新鋭の機械設備を使用することができます。

金利変動リスクの回避

契約時に定めたリース料は、契約期間中一定となるため、金融機関からの借入れによる金利変動リスクを回避することができます。

設備資金調達のサポートについて、お気軽にご相談ください。

お客様の多様なファイナンスのニーズに柔軟に対応するため、多方面にわたる専門性を発揮し、オーダーメイドのリース提案のほか、長期分割払い(割賦)、立替え払いのスキームも含め、多様な資金調達のお手伝いをしています。

企業会計アドバイザーとしてもご活用ください。

お客様の適正な会計処理や税務処理面の相談をお受けしたり、今後のIFRS(国際会計基準)への対応に備えたアドバイスなどさまざまな問題解決のお手伝いをしています。

NEXT:動産総合保険