AJCCの強み 〜選ばれる理由〜

1台ごとの管理

1300万台を超える端末機器(STB、モデム等)を1台ごとに個別管理しているのがAJCCです。

AJCCは、ご家庭にある当社取扱いの端末機器※を契約から廃棄に至る全過程において1台1台管理しています。

このような完璧な物件管理システムにより、正確な会計・税務データをタイムリーにケーブルテレビ局様にご提供することができ、ケーブルテレビ局様の内部統制やコンプライアンス機能の維持・向上に貢献しています。

※ 2018年3月末現在、AJCCがリース中のSTB、モデム等端末機器の合計台数は約1,354万台です。

1つのリース契約で複数台をご利用される場合も、すべて個別に管理しています。端末機器を個別に特定できない場合には、次のようなリスクがあります。

  • ●リース期間内での費用化が否認されることがあります。
  • ●リースの解約、動産総合保険の適用等に支障が生じます。

NEXT:中古取引での強さ